サブメニュー

新生銀行カードローンレイク

ちょっとしたお金のトラブルであれば、今はカードローンで簡単に解決できるようになりました。対応の早さには驚きで、申込み先によっては借りようと思ったその日にはもう現金を受取れる位スピーディです。

 

カードローンを扱っている金融機関はいくつもあるので、どこを選んだらいいのか、どこを選んでも大して変わらないのか、一から調べるのは大変です。誰にとっても一番のカードローンというのは存在しないでしょう。それでも1社お勧めを挙げるのであれば、レイクは候補になるでしょう。

 

 

新生銀行レイクの概要

レイクは最高限度額500万円、金利は4.5%~18.0%のカードローンです。利用対象となっている年齢は20歳~70歳で、国内居住の人に限られます。一度申込みをすれば、2回目からはカードを利用して、何度でも借入れが可能になります。

 

カードローンにはいくつかの系統がありますが、新生銀行のレイクは銀行系のカードローンに分類されます。ただし、レイク自体は元々消費者金融として活動していた経緯があります。銀行系のカードローンでありながら、消費者金融の特徴も残しているカードローンといえます。

 

そして、レイクでは、初回申込みのお客に対して、2種類の選べる無利息期間のサービスを行っています。30日間無利息、または5万円分まで180日間無利息のサービスを受けられる、珍しいカードローンといえます。

 

無利息期間のある借り入れと言えば即日キャッシング対応のプロミスが有名ですが、プロミスの場合にはメールアドレスの登録とWeb明細の利用で30日間と限られているのが難点です。

 

レイクのデメリット

レイクのデメリットとしては、銀行系のカードローンでありながら、金利が消費者金融の水準な点があります。カードローンには消費者金融系、信販系、銀行系などがありますが、銀行系のカードローンを選ぶ人の多くは、その金利の低さに魅力を感じています。しかし、レイクは銀行系でありながら、消費者金融系のカードローンと同じような金利がかかります。

 

もしもカードローン選びで金利を最も重要視するのであれば、レイクは早めに候補からはずれるカードローンという見方ができます。

 

レイクを選ぶ理由

カードローン選びにおいて金利を重要視する人は多いです。それでもレイクを唯一お勧めのカードローンの候補として挙げる理由があります。レイクがお勧めである理由は、デメリットが金利以外に見当たらない点です。

 

カードローン選びにおいて、手続きの簡易さ、融資までのスピード、店舗数、利用手数料など、様々な視点があります。レイクのメリットとして、全て高い水準を保っている点があります。最短30分の審査時間で即日融資対応、申込みも店舗だけでなく、電話やインターネットからも簡単に行えます。利用店舗数はもちろん提携しているATMも多く、それらのATM利用手数料無料なのも、レイクの大きなメリットです。

 

金利以外の所で言えば、欠点が見当たらないというのは、カードローンについて詳しくない人でも安心して申込みができるという見方もできます。ただ、やはりカードローンは金利が重要です。ATM手数料が提携ATMなら無料で金利も優れるオリックス銀行の利用条件と比べると、いくらか見劣りがしてしまうのも事実なのです。

 

レイクの立ち位置

新生銀行レイクのカードローンは、銀行系でありながら消費者金融の水準で利息がかかります。これを理由にレイクを選ばない人も実際にいるでしょう。しかし、銀行系でありながら消費者金融並みの金利設定であるレイクは、特殊な立ち位置にいる銀行系カードローンです。

 

一般的には金利の高い消費者金融は審査に通りやすく、金利の低い銀行は審査に通りにくい傾向にあります。その一方で、総量規制の対象である消費者金融では、年収の1/3を超える金額の貸付けを禁止されていますが、銀行はその限りではありません。

 

レイクの場合、銀行系のカードローンなので専業主婦などでも申込みが可能です。その上で、消費者金融並みの金利なので、それだけ審査に通る可能性も高いです。レイクは銀行と消費者金融の双方のメリットを合わせ持つ、珍しいカードローンなのです。